BLOG

カタログギフトまとめ

2019/06/22

こんにちは。先日、カタログギフトについてのお問い合わせを頂きました。こちらでも何度かご紹介していますが、少し前になりますのでまた、カタログギフトについて少しご説明させて頂きますね。

 

カタログギフトとは?メリットは?

カタログギフトは、タオルや調味料などの商品とは違い、本になっておりその中から贈られた方がお好きなものを選んで頂くことが出来るのがカタログギフトの大きな魅力です。内祝いや結婚の引き出物、香典返しなど様々なシーンでご利用頂け、香典返しではタブーとされている生ものなどの食品や、雑貨、インテリアなどの商品はもちろん、クルージングや有名ホテルのランチ、エステなど体験型のギフトも盛り沢山な構成になっています。贈られるその方々にあった商品を選ぶのもなかなか大変なものです。ですが値段別に分かれていますので、贈る方は手間なく、贈られる方はご自分の好きなものを選ぶことが出来るのがカタログギフトの一番のメリットではないでしょうか。

 

デメリットは?

デメリットとして、最近ではカタログギフトが主流になって来た為、何かとカタログギフトを頂く機会も増えています。その為、贈られた方側の意見は、好きなものが無くて選べず放置している・申込用紙の紛失・申込期限切れなど。贈る方側からの意見は値段が分かってしまう・一般商品とは違い手数料がかかるなど、今までお客様から頂いたお声を聞くといろいろと出てきました。また、ご年配の方へ贈る場合は、昔ながらの形式をとても大切にされている方も多くいらっしゃいますので、きちんと相手のことを想って選んでくれたと思えるような一般の商品を選ばれると良いと思います。基本的に申込期限が切れてしまったものは無効となっていますが、申込はがきを紛失された場合などは、きちんフォローがありますので、無くしてしまったからいいや、では無く一度お問い合わせをされてみて下さいね。

先ほど述べた手数料ですが、一番気になるところではないでしょうか。カタログギフトには事務手数料というものが発生します。会社によっては、手数料込みと記載のある場合と、手数料別と記載されている場合もありますのできちんとご確認されて下さい。手数料の主な内容は、カタログの商品を発送する配送料・化粧箱代・はがきの郵送料などです。カタログギフトはメーカーのアフターフォローがしっかりしていますので、それら全ての手数料と思えば納得ができますね。ですがカタログギフトを多くお考えの方は、手数料だけでも金額がかかってしまうので、そちらも頭に置きつつ、商品を選ぶことが大切です。

 

私もカタログギフトを頂くと、家族全員で取り合いになったり、何も無くて結局みんなで食べれる食品になったりと様々です。様々な内祝いや結婚の引き出物、香典返しなどそれぞれのシーンに合わせた内容や表紙のカタログギフトが多種多様にございます。冊子の中身を見て頂くことも可能ですので、是非一度ご覧下さい。

 

 

“香典返し カタログギフト 粗供養品 は仏事専門店のMY企画へ”

香典返しやご粗供養のことならお任せ下さい!人気のカタログギフトも豊富に取り揃え!

無料サービスも多数、全国送料無料で承っております。是非ご利用下さい!

ギフトショップMY企画 521-0312 滋賀県米原市上野281-1

フリーダイヤル 0120-008-538 ℡0749-58-0085 FAX 0749-58-1835